3万円キャッシュバックに惹かれプロミス申込み

 

プロミスでキャッシングを利用したきっかけは、アフィリエイトプログラムによるキャッシュバックに惹かれてのことでした。「とあるバナー広告経由でプロミスに契約すると3万円キャッシュバック」というもので、当時生活の苦しかった私は、それを目当てに契約をしようと考えました。

当時、将来の夢である宿泊施設の開業を目指し、一念発起して勤めていた会社を辞め、貯蓄を切り崩しながら学校に通って経営を学んでいました。しかし、考えが甘かった私は、学費と生活費が思っていた以上に多くかかってしまい、自分の生活を苦しめてしまっていたのです。せっかく会社を辞めて「自分のやりたいこと」に向き合っていたのに、お金がないあまり、アルバイトを始めたほど。そんな調子で、実はプロミスと契約する前に、別の某社より借り入れを始めました。プロミスは2社目だったのです。

某社の借り入れが多くなって悩んでいたとき、上で述べたプロミスの3万円キャッシュバックが目につきました。少しでも生活費の足しにしたかったため、プロミスとも契約しようと決めたわけです。恥ずかしい話、いわゆる多重債務者となりました。

お陰さまで、キャッシュバックの3万円は生活の足しにこそなりました。また、プロミスの場合は、「契約後の1ヶ月間は無利息」というサービスもあったので、これにも少し救われた気がしています。しかし、生活が改善されたわけではありません。2社からの借り入れをやりくりし、お給料日にはATMに向かって返済する日々が続きました。

風向きが変わったのは、転職が決まった時です。当初の夢だった宿泊施設の開業を諦めたわけではありません。某宿泊施設への転職が決まり、お金を頂きながら実務に取り組むことができるようになったのです。そうしてアルバイト生活に別れを告げることができ、アルバイト時代よりは多いお給料を頂くことができるようになりました。そして、そんなある日、一本の電話が掛かってきたのです。

相手はプロミスのご担当者様。個人の債務に関する記録を参照されたようで、「2社の借り入れを一本化しませんか」というご提案の電話でした。いわゆる「おまとめローン」です。もちろん、私は快諾しました。2社で毎月2万円ずつの返済はなかなか厳しかったのですが、おまとめローンに変更して毎月3万円の返済ならいくらか楽になったからです。また、17.8%だった金利も14%まで下げて頂けました。金利負担が下がったのも、精神的にはとても楽になりました。

こうして毎月地道な返済を続け、契約から3年目を迎えた先日、ようやく返済を終えることが出来ました。終わってみれば、あっという間でしたが、今となってはよい思い出かも知れません。今後はより計画的にお金に向き合っていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket